最新のレポート
売れ筋商品

平成28年4月調剤報酬改定事前調査レポート

商品名 平成28年4月調剤報酬改定事前調査レポート
型番 S201603
販売価格

70,000円(税込75,600円)

購入数


    調剤報酬改定により薬剤師の行動に変化が起こるのか
      −薬剤師の影響についての調査レポート−

患者本位の医薬分業の実現をテーマに掲げられた今回の調剤報酬改定ではかかりつけ薬剤師をはじめとする質の高い医療を推進するための項目が多く盛り込まれています。
 4月以降の薬局の方針、対応、新しい取組について現場薬剤師を対象にアンケートを実施、製薬企業様及び医療関連企業様の今後の薬局対策検討資料としてご利用頂ける調査を企画いたしました。



■ 調査概要

〔調査 テーマ〕 「2016年4月の調剤報酬改定に関する事前調査」
〔調 査 対 象〕 保険薬局勤務薬剤師(ドラッグストア調剤部門含む)336名
〔調 査 期 間〕 2016年2月24日〜2016年3月6日
〔調 査 手 法〕 インターネット調査
〔調 査 機 関〕 薬剤師:(株)ネグジット総研  医師:エス・マックス(株)

■ 調査項目
Q1.新設された「かかりつけ薬剤師指導料」の印象
Q2.「かかりつけ薬剤師指導料」の算定方針
Q3.「かかりつけ薬剤師指導料」の算定要件の中で最もクリアが
   難しい項目
Q4.Q3の「医療に係る地域活動の取組に参画していること」
   について、現在参画している活動
Q5.ブラウンバッグの準備状況
Q6.調剤報酬の包括評価として新設された「かかりつけ薬剤師
   包括管理料」への印象
Q7.「かかりつけ薬剤師包括管理料」の算定方針
Q8.薬局勤務経験年数
Q9.同一の保険薬局の週あたりの勤務時間
Q10.現在、勤務している保険薬局の在籍年数
Q11.薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定の現状
Q12.認定を受けるための活動
Q13.今後、認定を受けるための活動
Q14.「かかりつけ薬剤師指導料」算定に必要な患者の同意
   (1)1ヶ月の患者数 (2)同意を得られると思われる患者数
Q15.現在の調剤基本料
Q16. 2016年4月以降の調剤基本料について、該当する点数
Q17.現在の基準調剤加算の算定状況
Q18.2016年4月以降の「基準調剤加算」の加算要件でクリアが
   難しいと思われる項目
Q19. 2016年4月以降基準調剤加算32点の算定見込み
Q20.現在の後発医薬品調剤体制加算の算定状況
Q21. 4月以降の「後発医薬品調剤体制加算」の算定見込み
Q22.メインの処方元の算定見込み
Q23.電子版お薬手帳の導入状況
Q24.電子版お薬手帳の導入先、導入予定先
Q25.2016年4月より解禁される予定の電子処方せんの印象
Q26.重複投与・相互作用等防止加算について現状の算定状況
(1)重複投与・相互作用等防止加算(処方変更あり):20点算定患者数
(2)重複投与・相互作用等防止加算(処方変更なし):10点算定患者数


F1 あなたの勤務先の主な処方せん応需科目を教えてください。
    ※複数店舗に関わりのある方は最も関わりのある店舗についてお答えください。
F2 あなたの勤務先の月間処方箋枚数を教えてください。
    ※複数店舗に関わりのある方は最も関わりのある店舗についてお答えください。
F3 あなたの勤務先のグループ店舗規模を教えてください。
F4 あなたの役職を教えてください。
マトリクス表
Q26 重複投与・相互作用等防止加算について現状の算定状況について教えてください。     各加算、1ヶ月間に何名の患者さんに算定しますか。

■商品概要
〔商品名〕「平成28年4月調剤報酬改定事前調査レポート」 〔商品形態・価格〕
 基本商品 PPTデータ(メール納品)¥70,000(税別)
〔発売開始〕2016年3月10日発売開始
本レポートのご案内はこちら から

■ 本調査および商品に関するお問い合わせ

株式会社ネグジット総研 MMPR部
担当:山下/池田
TEL:078-393-2162  FAX:078-393-2180
ネグジット総研 お問合わせはこちらまで

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら